キノリンイエローフリーの新タイプフィンペシアの特徴

キノリンイエローの発癌性を心配する方が多いと聞きます。

 

結論から言いますと現時点でキノリンイエローの発癌との因果関係はないとのことです。多量摂取すると危険はありますが、医薬品や医薬部外品への配合は極微量なので心配はいりません。

 

しかし、気になる方は新タイプのフィンペシアは有りがたい商品ですね。それでは新タイプのフィンペシアについて詳しく見てみましょう。

 

【キノリンイエローとはどのような成分なのか】

 

タール色素に分類される合成着色料です。発ガン性物質だと噂されることがありますね。

 

これについては、公式発表は無いものの専門家の見解でも「キノリンイエロー=発癌物質」ではない。
だからこそ、医薬品および化粧品に使用することができるのだそうです。

 

なぜそのような噂があるのか?
キノリンイエロー以外のタール系色素で発癌性がある成分があるからです。これと話が混合されたのではないかということです。

 

【安全なフィンペシア】

 

先に述べました通りキノリンイエローと発癌性の関係がない以上フィンペシアは安全と言うことになるのですが、一度噂がたつとどうしても気になるのが正直なところですよね。

 

ところが、この問題が一気に解決されそうです。

 

フィンペシアの新タイプとしてキノリンイエローフリーが発売されました。

 

キノリンイエロー非配合の新タイプフィンペシア
1箱(100錠入り)¥2,697だそうです。
実質1錠あたり27円程度。
1日1錠なら安いですね。

 

【オオサカ堂での販売商品】

 

では、この新タイプのフィンペシア!
どこで買えるのでしょうか?

 

勿論、日本では販売されていません。

 

海外からの輸入品となるとめっぽう強いのが「オオサカ堂」ですね。

 

オオサカ堂には他にも次のような商品があります。

 

@プロペシア(28錠)
5,126円〜

 

Aフィンペシア+ミノキシジルタブレット
5,349円〜

 

Bカークランド5%
3,310円〜

 

Cロゲイン5%
5,572円〜

 

Dミノキシジルタブレット5mg
2,953円〜
など。

 

日本では購入しにくい商品が数々あります。一度御覧になってはいかがでしょうか。

プロペシア関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!