AGA治療薬デュタステリドの副作用にはどのようなものがありますか?

まず、デュタステリドは本来は前立腺肥大症の薬であるということを一応知っておいていただきたいと思います。
AGA治療薬として注目されていますが、実は正式には認証されていません。

 

デュタステリドは、男性ホルモンを抑える薬です。
正確には、男性ホルモンであるテストステロンを、前立腺肥大やAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンに変換する酵素の働きを阻害します。
元祖ともいうべきAGA治療薬であるフィナステリドと同様の効果をもつわけですが、実はデュタステリドのほうが阻害できる酵素の種類が多く、結果的に発毛効果も高いと言われているのです。

 

AGA治療薬として正式認証がされていないのはどうやら開発メーカーの都合によるものらしいのですが、これは実に残念なことです。

 

さて副作用ですが、男性ホルモンに作用する薬であるだけに、以下のようなホルモン関連の副作用が現れることがあります。
・男性なのに乳房が大きくなる、乳首が痛くなる
・性欲減退、勃起不全
・肝機能異常
などです。
これらは通常さほど危険なものとはされていませんが、もしも異常が大きいと感じたならば、すぐに医師に相談してください。

 

このように副作用に注意することも重要ですが、薬そのものの入手方法にも注意が必要です。AGA治療薬はとてもニーズの強い商品なので、ニセモノや粗悪品が流通している可能性があります。

 

それを回避するには信頼性の高い個人輸入代行業者を利用する必要があります。
たとえばこちらのオオサカ堂では取り扱い品は全てメーカー純正保障つき、さらに成分検査も実施して品質の維持に努めていますから、安心して使用できる薬が入手可能です。

プロペシア関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!