アロビックスと女性用ロゲイン

育毛剤には未成年者や女性にはしようできないものがたくさんあります。
では、女性用ロゲインやアロビックスはどうなんでしょうか?

 

成分や効果を女性の利用を中心に考えてみましょう。

 

【アロビックスの成分と効果】

 

アロビックスとは脱毛症の治療に使われる医薬品です。
本来は胃下垂や慢性胃炎などの治療薬として用いられました。

 

アロビックスに含まれる塩化カルプロニウムは血管拡張に効果があることから頭皮の血行促進に効果がある育毛外用薬として使われるようになったのです。

 

アロビックスは第一三共のフロジン液のジェネリック商品です。
価格も安いためアロビックスの方が一般的に知られているようですね。

 

なお、アロビックスもプロジン液と同様、医薬品になります。
その為、本来なら医師の処方せんなしに購入はできないのですが、ネットで海外輸入をすることで個人でも購入することが可能です。

 

アロビックスは医薬品だけに多少の副作用も報告されています。
効果が強いがゆえに血流がよくなりぎて発汗、ほてり悪寒などの症状が出る場合があります。

 

そのような症状が出た場合は、清潔な水で洗い流すようにすると良いそうです。

 

 

【女性用ロゲイン】
女性用ロゲインはミノキシジルを配合した女性専用の育毛剤です。
一般的に女性の場合、頭部全体がまんべんなく薄毛になるのが特徴です。
男性ホルモンの影響を受けにくい分、適切なケアで改善しやすいと言われています。

 

女性用ロゲインは低濃度でミノキシジルが配合されているため副作用の負担が少ないと言われています。
しかし、やはり医薬品ですので人により副作用がでる場合もあります。ミノキシジルノの副作用には次のようなものがあります。

 

頭痛、発汗、むくみ、かゆみ、発疹、かゆみ、ふけなど。

 

女性用ロゲインの場合もアロビックス同様、副作用がある場合はすぐに清潔な水で流せば症状はすぐに治まります。

 

 

【アロビックスとミノキシジルノ比較】

 

結論から言うと育毛剤の効果は人それぞれ、どちらが良いのではなく、どちらが自分に合うかにかかってきます。

 

ミノキシジルは効果が高い分副作用のリスクがあります。
特に血行促進という事では濃度が濃すぎると心臓病を患っている方や高齢者には負担になります。
そういった方は低濃度にするかアロビックスを選択するのが適正になります。

 

その反面、気管支ぜんそく、消化器官に異常、てんかん、パーキンソン病などにはアロビックスは不向きになります。

 

ミノキシジルもアロビックスも医薬品です。

 

まずは医師の診断を受け自分にあったものを処方してもらうのが最も重要です。

 

ただ、これには費用が嵩みます。

 

そこで利用するのが「オオサカ堂」のような個人輸入代行業者です。
オオサカ堂にはミノキシジルやアロビックス配合のジェネリックが多種そろえてあります。

 

もちろん濃度もいろいろです。

 

なによりうれしいのがこれらの商品が低価格で手に入る事です。

 

まずは医師、そしてオオサカ堂!
この手順を守れば安心して医薬品を個人購入することができます。

プロペシア関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!