AGA治療に関するブログなどでのデュタステリドの評判はどうですか?

AGA、すなわち男性型脱毛症の原因は、いくつか考えられます。

 

それは遺伝の影響、ストレス過多や食生活の乱れなどの生活環境によるもの、そして男性ホルモンの影響によるものなどです。
このうち、遺伝はある意味仕方ないものですね。
そして生活環境の乱れはどうにかして改善の努力をするものとして、医学的に対処できるのは男性ホルモンということになります。

 

この脱毛の原因となる男性ホルモンを抑制する薬、つまりAGA治療薬として正式に認可されているのはフィナステリドです。
そしてデュタステリドも同様の効果を持つ薬ですが、フィナステリドよりも男性ホルモン阻害効果が、およそ1.5倍あるといわれています。
しかし残念ながら、開発メーカーが認証のための試験を一時中止していたために、AGA治療薬としては正式認証されていません(現在は再開した模様です)。

 

AGA対策ブログなどでは、この1.5倍の効果が強調されて記事にされていることが多いようです。
ただしその副作用などのリスクについては、あまり説明されていないこともあります。
フィナステリド、デュタステリドともに、副作用としては胃の不快感、胸のむかつき、性欲減退などが報告されています。
基本的にこれらはそれほど危険なものはないとされていますが、まれに性欲減退がED(勃起不全)にいたるなどの重症化することもあると言われています。
(ただしEDに関してはいろいろな原因が考えられるため、薬のせいとは断定できないことが多いようです)

 

これらの服用した自分に対する副作用のほかに、妊娠している女性はけして使用してはいけないという注意点があります。
これは男性の胎児に深刻な影響を与える危険性があるからです。

 

しかし、このようなリスクを考慮したとしても、デュタステリドおよびフィナステリドのAGA治療薬としての評価はとても高いものです。

 

なお、これらの薬は薬局で買うことは出来ませんが、個人輸入という形で手に入れることが出来ます。
その際にはこちらのオオサカ堂の利用をお勧めします。
ここならば輸入のトラブルなども一切なく、安全確実にメーカー純正正規医薬品を入手可能です。

プロペシア関連ならオオサカ堂が最安値&正規品保証!